運動器系疾患

2019年10月11日

痛風① 右手首の腫れでゴルフが出来ない

⦅患者⦆男性  60代

⦅症状⦆
1ヶ月半前から右手首が腫れる。元々痛風をもっているためそれが原因ではないかなと言われる。
尿酸値も高く痛風の薬を30年服薬している。息を吐くと右手首に圧迫を感じる。
趣味のゴルフができるようにしてほしいとのこと。

⦅治療内容と経過⦆
初診
右手首を確認すると左に比べて倍ほど腫れている。動かすと中指、薬指の痛みが強く感じる。
脈診を行い足首にあるツボをてい鍼で補う。肩甲骨、背中にあるツボに置鍼すると痛みがだいぶ楽になったのでこの日の施術を終える。
2診

三日後前回施術後から痛みが引き10⇒1になる。腫れは少し引いている。
前回と同じ施術をする。
3診
腫れは三分の一程度になる。
4診
腫れは小指側のみになる。
5診
腫れ、痛み共に無くなり卒業となる。

⦅まとめ⦆
痛風の腫れであっても関節の炎症をとる通常の施術になります。
回数を重ねる度に改善しゴルフもできると喜ばれました。

∻∻名古屋栄伏見・ふじ鍼灸∻∻




 

ページトップへ戻る