運動器系疾患

2019年10月30日

肩甲骨内側の痛みと腕の疲れ

⦅患者⦆30代  男性

⦅症状⦆
お仕事で三味線奏者をしており日常的に背中と腕は気になっているが先月末から右肩甲骨内側と腕の疲れが特に気になる。


⦅治療内容と経過⦆
初診
長時間同じ姿勢で座っており腕も挙げた状態ということなので臀部と下肢に負担がかかっていると考え状態を確認すると気になるポイントを見つける。
臀部とふくらはぎにあるツボに鍼をすると肩甲骨内側が緩むのを確認する。更に腕をよく使っているので肩甲骨にあるツボと手にあるツボを追加する。
施術後痛みを確認していただくとだいぶんいいと言われたので終了する。
2診
二週間後来院。1ヶ月の公演も明日で終わるのだが調子がよかったのでもう一度受けたいとありがたいお言葉をいただく。
前回の施術に加え三角筋の疲れをとって終了する。

⦅まとめ⦆
長時間の同じ姿勢が臀部に影響を及ぼしていたと考えられます。臀部と肩甲骨周りは密接な関係にありますので早期に問題点が解決できました。

∻∻名古屋栄伏見・ふじ鍼灸∻∻
 

ページトップへ戻る