神経系疾患

2020年04月24日

坐骨神経痛 痛くて夜目が覚める

⦅症状⦆
坐骨神経痛には何度かなったことがあるが今回は今までで1番しびれが強く痛みもかなりある。
二日前から左臀部から下肢に広範囲に痺れがある。
東京出張から痛みを我慢して新幹線に乗り朝1番に来院された。

⦅来院者⦆50代 男性 ⦅期間⦆3週間
⦅頻度⦆週2回    ⦅通院回数⦆7回

⦅施術と経過⦆
初診
左臀部から真ん中のラインと脛が特に痺れと痛みが強くでている。臀部を確認すると硬結がありそこをゆるめるように鍼をする。
さらに腰、足にあるツボに鍼をしたまま15分置く。
痺れが少し改善したので終了する。
2診 2日後
大腿部裏真ん中ラインは痺れは良くなるが脛の部分は強く感じる。前回の施術にツボを2か所増やす。
施術後痺れは半分程になる。
3診 5日後
臀部の痺れは減っているが脛はあまり変わっていない。夜間痛もあり睡眠中目が覚める。
臀部に灸頭鍼をする。
4診~6診
痛みはよくなってきてるが脛の痺れは少し残っている
7診
施術後はほとんど痺れが気にならなくなったので卒業となる

⦅まとめ⦆
臀部の緊張が原因で痛みと痺れを引き起こしていたと考えられます。
一般的に坐骨神経痛は腰部に問題があると思われがちだが、そうではない症例でした。

∻∻名古屋栄伏見・ふじ鍼灸∻∻


 

ページトップへ戻る