婦人科系疾患

2019年08月16日

全身の疲労感がひどく、胃痛、頭痛が伴う

⦅患者⦆女性  20代

⦅症状⦆
5月末から午後になると全身の疲労感がひどくなり胃痛、頭痛も伴う。
胃痛は中学生の頃からなっており頭痛薬もよく飲んでいる。


⦅治療内容と経過⦆
初診
脈診をすると沈み緩んでいる。この緩みが身体のだるさを表していると考える。
足にあるツボを触ると脈が締まり浮いてきたので本治法⦅刺さない鍼⦆を行う。
お腹の確認をするとみぞおちから臍にかけて硬くなっている所があるので足に鍼をし10分置鍼する。
置鍼しているあいだに顔にお灸を行う。⦅顔のお灸は頭痛、ストレスに効果あります⦆
腹が緩んだのを確認し腹臥位で鍼とお灸を行い施術を終える。
2診
前回施術後から調子はよくなっておりだるさと頭痛の回数が減ってきた。
3診
だるさ10⇒3、頭痛は1週間で2回ありコメカミ辺りが気になる。

4診
だるさはほとんど感じなくなる。頭痛は1週間で1回になる。
薬は飲んでいないが夕方になると咳がでる。
5診
だるさ、頭痛も前回からなくなり卒業となるがご本人の希望で隔週で健康管理を行う。

⦅まとめ⦆
お腹の硬さが問題を引き起こしていたと考えられます。また回を重ねるごとに改善できたのはよかったです。


∻∻名古屋栄伏見・ふじ鍼灸∻∻
 

ページトップへ戻る