運動器系疾患

2020年10月19日

【背部痛】 物を掴もうとしたら背中に痛みが走る

⦅症状⦆
座っている状態から机の上にある物を取ろうと右腕を伸ばしたらギクッと背中に痛みが走った。
痛みは時間の経過と共に強くなり動かすとかなり痛みがでる。寝てても寝返り動作で目が覚め痛み止めをのんでいる。
数日経っても痛みが引かないため来院する。

⦅来院者⦆50代 女性   ⦅期間⦆2020.9月
⦅頻度⦆週2回      ⦅通院回数⦆3回

⦅施術と経過⦆
初診
身体の状態を確認すると右肩甲骨と背骨のあいだに棒状の硬結を見つける。
この硬結が原因になっていると考え臀部、肘、膝にあるツボに鍼をすると硬結が少しゆるみ息がしやすくなったと言われる。
さらに背中あるツボに鍼をすると痛みは半分ほどになったのでこの日の施術を終える。
2診 3日後
前回より痛みは減っているが動くと痛みがでる。前回と同じ施術を行う。
3診 4日後
さらに良くなっているが振り返る動きの際に背中に痛みがでる。肘、膝、肩甲骨にあるツボに鍼をすると痛みがなくなり卒業となる。

⦅まとめ⦆
ぎっくり腰というのがありますが今回はぎっくり背中といいましょうか。寝てても目が覚める程の痛みは大変です。
背中に原因点を見つけ施術することで早期に改善することができた症例でした。

∻∻名古屋・栄・ふじ鍼灸∻∻
 

ページトップへ戻る